きらきらとかがやく●●●

アクセスカウンタ

zoom RSS 銀行行こうか?

<<   作成日時 : 2009/01/26 10:13   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

『う〜む…どうしたモノか?』

そんな事を思いつつショーウインドの前に立つ事、早一時間。
ショーウインドの先に陳列されているのは“ギター”。

正月の熱心な集金活動が実り、
現在、手元には約3万円もの大金がある。
普段であれば集金活動の成果は
母親が「貯金しておく」と言う名目で
全額徴収して行ってしまい
オレは一割程度の小遣いを貰う事になっているのだが…
今年だけは両親に泣きを入れて勘弁して貰った。
どうしても自分のギターが欲しかったからだ。

あの音楽室での練習以降
オレは隣に住んでいる悪兄貴である“小林君”の家で
彼の持っているギターを弾いていたのだが
少しずつ弾ける様になってくれば来るほど
『ヤッパ、自分のギターが欲しい』と言う
ごく自然な物欲が出て来出し
果てには『このフレーズが上手く弾けないのはギターのせいだ』とまで
思い始める始末。

ギターのせいで無い事は充分に分かっていたのだが
それでも『自分のギターなら…』と言う思いは
心のどこかで払拭し切れていない事も事実だった。

そこで、この正月で集金した“お年玉”を使ってギター購入と企て
こうしてショールームの前に立っているのだが…

陳列されたギターを色々と物色しているのだが
ど〜も、気に入ったモノがない。
この場合の“気に入る”とは楽器の性能云々ではなく値段的な問題。

今も昔もギターそのものの値段はさほど変化はない。
勿論、諸物価連動の世の中なのでそれなりの変化は合っても
物価指数から換算してみればあまり変化はないと思われる。

…と言う事を頭に入れて
現在11歳の小学生が自分のお年玉でギターを購入しようと思った時
“ホイッ”と買う事は出来るだろうか?
個人差はあっても万人全てが買えると言う条件を満たしているとは思えない。

それは昔も同じな訳で…
今、オレの目の前に並べられたギター。
その殆どは3万円〜5万円程度。
オレの全財産は3万円チョイ。
無理すれば何とかなるのだが、
このお金を両親に無理を言った時にある条件を提示された。
それは…

『1月の間はそのお金で全て賄う事』

…と言う事は?
小遣いも貰えないし、必要なモノは自分で何とかしろ…と言う事を意味している。
それでも『欲しい』と言う気持ちは抑え切れなかったので不承不承に承諾したが
こうして現実的な問題を突き付けられて物欲も萎えざる得なかった。

『これじゃ買えないな…』
『買ったとしても学校が始まったら、ど〜する?』
『この時期は“瓶”も拾えねぇな』
『ど〜したものかな???』

色々な思いが浮かんでは消える。
決定的なモノは一つも無く、浮かぶ事は項垂れる事ばかりだ。
とにもかくにもこの日は惨敗。
オレは思案しながら帰路へ着いた。

その夜。
オレは小林君の家にいた。
「明日はギターを買ってくる」と言っていたオレが手ぶらで来た姿を
小林君は見透かしたかの様にこう言いながら笑っていた。
「ギター。買えなかったろ?」

オレはその言葉にただ頷くしかなかった。

「明日、ヒマか?」小林君はそう切り出して来た。
「うん」オレは傍らのギターを弄びながら答えた。

「明日付き合えよ」
「どこに?」
「銀行だよ?」
「銀行?」
「ああ、そしてオマエのギターを買おうぜ」

小林君の言葉は全く以て理解不能だった。
“ギターが買えないから銀行に行く”って事は分かるが
一体、誰の銀行に行く訳なのか?
小林君の銀行か?
そんな訳は無い。

ガキのオレから見ても小林君は決して裕福とは言えないし
そんな貯金をしているとも思えない。
何よりも彼がオレの為に金を使うと言う事は考え難い。

オレは小林君の奇妙な謎掛けの意味を理解出来ないままでいた。。。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
銀行行こうか? きらきらとかがやく●●●/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる